妊娠中に腰痛になる原因とは? ┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

 _20170507_115527

■つくば市土浦市で、

妊娠中に腰痛になる

3つの原因とは?

 

 

 

○ホルモンの影響

 

 

妊娠する時に卵巣から、ペプチドホルモンのリラキシンが分泌されます。

 

これは、狭い骨盤でも赤ちゃんがスムーズに通れるように、骨盤の恥骨結合をゆるめる働きをします。

 

リラキシンが分泌されると、骨盤がゆるみ、全身の靭帯もゆるみます。

 

靭帯がゆるむと関節が動きやすくなるため、体の支えが不安定になります。

 

それを腰の筋肉が補おうとして腰痛が起こるのです。

 

リラキシンは妊娠4週頃から分泌されるので、お腹が大きくない妊娠初期でも腰痛になることがあります。

 

 

 

○重心の変化

 

 

妊娠すると、お腹がだんだん大きくなります。

 

それにつれて自然と姿勢が前方へ傾いていきます。

 

重心が変わるので、倒れないようにと背中の筋肉が後ろへバランスをとろうとします。

 

その結果、腰を反った姿勢になってしまいます。

 

腰椎や腰を支える筋肉に負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなるのです。

 

 

 

○心理的な理由

 

 

はじめての出産の場合は特に、赤ちゃんを産むことに対する不安があります。

 

このような心の揺れが体を緊張させます。

 

 

結果、腰痛になってしまうことがあるとされています。

 

 

 

 

つくば市土浦市で、

腰痛ヘルニア坐骨神経痛を

劇的に改善したい方は、

整体院 護腰に

ご予約ください!

 

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

 

 

 

【土浦本店・つくば店には、こんな人が来ています】

 

腰痛・慢性腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・寝違え・ストレートネック・頭痛・肩こり・四十肩・五十肩・メニエール病

 

 

 

【エリア実績】

 

下記の様々なエリアの方に、施術・指導・レッスンを受けて頂いております。

 

 

 

茨城県土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・牛久市・龍ヶ崎市・水戸市・那珂市・ひたちなか市・大洗町・鉾田市・鹿嶋市・行方市・筑西市・桜川市・結城市・下妻市・八千代町・坂東市・古河市・境町・常総市・つくば市・つくばみらい市・守谷市

 

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up