椎間板ヘルニアは神経ブロックで治るのか?┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

_20170823_191008

 

 

 

■神経ブロック注射とは?

 

 

腰痛の原因となっている神経や、その周辺に局所麻酔薬を注射し、痛みを抑える治療法です。

 

血流をよくする効果もあるので、筋肉の張りによる腰痛の解消も期待できます。

 

ペインクリニックや麻酔科や整形外科の外来で受けることができます。

 

 

腰痛は、主に骨や関節、靭帯、筋肉など、腰周辺のさまざまな組織が原因で起こります。

 

原因不明の腰痛が約85%といわれるように、腰痛の原因ははっきりとしないことが多いです。

 

 

しかしどんな腰痛でも痛みがあると筋肉が硬くなり、血管が収縮して血行が悪くなります。

 

そして、酸素や栄養が組織へ十分に行き渡らなくなります。

 

 

血行不良になるとブラディキニンやセロトニンなどの痛み物質が増えます。

 

痛みが増すことでさらに筋肉の収縮が促されたり血行不良になるという悪循環になります。

 

 

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは、神経が圧迫されて炎症を起こしています。

 

なので、その炎症を鎮める目的で神経ブロック注射が行われます。

 

 

神経ブロック注射では、障害を起こしている部分に直に局所麻酔薬を注入し、神経を遮断することで、まず痛み自体をやわらげます。

 

 

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは、神経が圧迫されて炎症を起こしています。

 

その炎症を鎮める目的で神経ブロック注射が行われます。

 

 

神経ブロック注射では、障害を起こしている部分に直に局所麻酔薬を注入します。

 

そのことで、神経を遮断して、まず痛み自体をやわらげます。

 

 

炎症による痛みが強い場合は、局所麻酔薬と一緒に炎症を抑えるステロイド剤も注入する場合もあります。

 

症状を軽減させることが目的です。

 

 

この痛みを抑える効果は、数時間しか持ちません。

 

しかし、痛みの緩和により筋肉の緊張がゆるみ、血流が促されます。

 

その結果、二次的な痛みを取り除く効果も期待できます。

 

 

このような理由から、数日から数週間の効果が実感できると言われています。

 

しかし、効果の持続期間は個人差が大きいのが現状です。

 

 

 

土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者で、神経ブロック注射をしたくない方は、整体院 護腰にお越しください。

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

 

 

 

【土浦本店・つくば店で改善した症例】

 

腰痛・慢性腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・寝違え・ストレートネック・頭痛・肩こり・四十肩・五十肩・メニエール病

 

 

 

【エリア実績】

 

下記の様々なエリアの方に、施術・指導・レッスンを受けて頂いております。

 

 

 

茨城県土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・牛久市・龍ヶ崎市・水戸市・那珂市・ひたちなか市・大洗町・鉾田市・鹿嶋市・行方市・筑西市・桜川市・結城市・下妻市・八千代町・坂東市・古河市・境町・常総市・つくば市・つくばみらい市・守谷市

 

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up