神経ブロック注射による椎間板ヘルニア患者の副作用と注意点は?┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

_20170820_171924

 

 

 

 

■椎間板ヘルニア患者にブロック注射をした場合の副作用

 

○注射時の痛み

 

○血圧低下

 

○出血

 

○感染

 

○アレルギー

 

○神経障害

 

などがあります。

 

 

 

■椎間板ヘルニア患者にとってブロック注射後の注意点

 

○治療を受けた当日は、激しい運動やアルコール摂取は控える

 

○感染を予防するために当日の入浴は控え、シャワーだけにする

 

 

 

 

土浦市つくば市で、治療は週1ペースの注射を4~5回続けるのが一般的です。

 

ブロック注射の効果が確認出来て、回を重ねるごとに椎間板ヘルニアの症状が軽くなっていくのが理想的です。

 

 

 

 

 

○注射したその時だけ、

椎間板ヘルニアの痛みが

なくなる。

 

○効果が現れても一時的で、

しばらくすると

椎間板ヘルニアの痛みに

戻ってしまう

 

 

上記のような場合に、

ブロック注射を続けるのは

椎間板ヘルニア患者

にとって、よくありません。

 

 

 

■土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者必見┃ブロック注射のメリット

 

 

局所麻酔薬で痛みから一時的にでも離れることが出来れば、筋肉の緊張がゆるみます。

 

そして血流が促されることによって、その後の痛みが出にくくなる例が土浦市つくば市ではみられます。

 

 

 

 

土浦市つくば市では、神経ブロック注射がまだ詳しく知られていません。

 

恐いイメージを持つ方も、土浦市つくば市では多いようです。

 

しかし、激しい腰痛やしつこい腰痛に悩まされている椎間板ヘルニア患者は、土浦市つくば市の病院で相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 

ただし、『注射で痛みを一時的に止めても、根本的な解決にならないんじゃないか?』という声を土浦市つくば市では、よく聞きます。

 

 

 

土浦市つくば市の

椎間板ヘルニア患者で、

ブロック注射を

したくない方は、

整体院 護腰に

お越しください。

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

 

 

 

 

【土浦本店・つくば店で改善した症例】

 

腰痛・慢性腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・寝違え・ストレートネック・頭痛・肩こり・四十肩・五十肩・メニエール病

 

 

【エリア実績】

 

下記の様々なエリアの方に、施術・指導・レッスンを受けて頂いております。

 

 

茨城県土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・牛久市・龍ヶ崎市・水戸市・那珂市・ひたちなか市・大洗町・鉾田市・鹿嶋市・行方市・筑西市・桜川市・結城市・下妻市・八千代町・坂東市・古河市・境町・常総市・つくば市・つくばみらい市・守谷市

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up