椎間板ヘルニアに内視鏡手術のMED法とは?┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

_20170814_163958

 

 

土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者に行う、MED法の手法とは?

 

 

全身麻酔をして、背中を切開します。

 

内視鏡で見ながら、飛び出した椎間板を摘出します。

 

 

 

 

土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者にとって、MED法のメリットとは?

 

 

○内視鏡手術なので切開幅が小さい

 

○身体への負担が少ない

 

○術後の回復が早い

 

 

 

 

土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者にとって、MED法のデメリットとは?

 

 

○高度な技術が必要なので、受けれる医療機関が少ない

 

○内視鏡の視野が狭いので、ヘルニアを取り残す場合がある

 

○神経を損傷するリスクがある

 

○再発する可能性がある

 

 

 

手術のリスクには、どんなものがあるの?

 

脚の静脈に血栓が出来る・呼吸困難・感染症・失血・心臓発作・脳卒中・薬剤の副作用・失敗・神経の損傷・再発

 

 

 

手術は、完璧ではありません。

 

必ずリスクについての説明を受けてください。

 

手術を受ける場合は、そのリスクに納得して誓約書に記入した上で、手術を受けるようにしてください。

 

 

 

 

土浦市つくば市の椎間板ヘルニア患者で、手術をしたくない方は、整体院 護腰にお越しください。

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

 

 

 

【土浦本店・つくば店で改善した症例】

 

腰痛・慢性腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・寝違え・ストレートネック・頭痛・肩こり・四十肩・五十肩・メニエール病

 

 

 

【エリア実績】

 

下記の様々なエリアの方に、施術・指導・レッスンを受けて頂いております。

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up