腰痛┃坐骨神経痛の原因となる腰部脊柱管狭窄症┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

_20170613_165718

 

 

 

■脊柱管て

どんなもの?

 

背骨は頭蓋骨から臀部まで、椎骨という骨が積み重なることで、形成されています。

 

その椎骨の中にある空洞が脊柱管です。

 

脊柱管には、脊髄や血管が通っています。

 

 

 

■腰部脊柱管狭窄症

の原因┃土浦本店・

つくば店

 

 

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などの変形によって脊柱管が圧迫されることで起こります。

 

脊柱管が狭くなると神経を圧迫して、血行を阻害することで症状が出るのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛の原因にもなります。

 

椎間板ヘルニアは、前かがみで症状が悪化します。

 

しかし、脊柱管狭窄症は、上体を反ることで症状が悪化します。

 

 

 

■腰部脊柱管狭窄症の

症状┃土浦本店・

つくば店

 

 

○間欠性跛行

 

間欠性跛行は、歩くことで足の痛み・痺れ・つっぱり感により、歩けなくなります。

 

しばらく休むと歩けるようになるのが特徴です。

 

腰部脊柱管狭窄症は、上体を反ると症状が悪化するので、前かがみになると楽になります。

 

 

○腰の痛み・だるさ・ハリ

 

腰痛と似た症状です。

 

痛みは大したことはなく、安静にしてると症状は治まります。

 

○排尿障害・便秘

 

腰部脊柱管狭窄症が進行すると、排尿や排便に関係する神経にも障害が出ます。

 

 

 

 

■腰部脊柱管狭窄症

を放っておくと

どうなる?

 

 

腰部脊柱管狭窄症は、勝手に治っていくことの少ない病気です。

 

休んでいても足の痛みや痺れが残るようになると、手術をしても症状は治りません。

 

 

 

■まとめ

 

 

腰部脊柱管狭窄症は、加齢によって足の痛みや痺れがみられます。

 

また、間欠性跛行を特徴とする病気です。

 

中高年や長年腰に負担をかけた人にみられる病気ですが、他の病気との区別が重要です。

 

 

家族も足の痛みや痺れがある場合は、遺伝による腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

 

 

 

つくば市土浦市で、腰痛ヘルニア坐骨神経痛を劇的に改善したい方は、整体院 護腰 土浦本店・つくば店にご予約ください!

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up