腰痛┃坐骨神経痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニア┃整体院 護腰 土浦本店・つくば店

_20170612_174151

 

 

 

 

■椎間板とは?

 

 

脊椎とは、背骨のことです。

 

脊椎は、頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骨に分かれます。

 

脊椎の前には、椎体があります。

 

椎体と椎体の間には、クッションの役割をする椎間板があります。

 

 

椎間板は、髄核と繊維輪から成り立っています。

 

 

髄核は、椎間板の中心にあり、ゲル状の組ボールのような組織です。

 

持続的な圧迫に対して、支持をすることが出来ます。

 

繊維輪は、髄核を包み込むコラーゲン状の組織です。

 

運動に対して靭帯のような働きをして、運動を制限することで、関節を安定させます。

 

 

 

 

■変形による

椎間板ヘルニア

 

 

椎間板は20歳を過ぎると、髄核の水分量が減ってきます。

 

椎間板は体を支えているので、常に負担があります。

 

負担がかかり過ぎると、繊維輪に亀裂が出来ます。

 

そのことによって、椎間板ヘルニアが発生するのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、つくば市土浦市の20代~40代の男性に多くみられます。

 

肉体労働・重い物を持つ重労働・長時間の同じ姿勢・車の運転等が、つくば市土浦市では発生の原因となっています。

 

 

 

 

■遺伝による

椎間板ヘルニア

 

 

つくば市土浦市の椎間板ヘルニアは、遺伝が原因のケースがあります。

 

つくば市土浦市では、特に若い椎間板ヘルニア患者が、遺伝が原因のケースがみられます。

 

世界的にみると、民族によって違う結果が出ています。

 

 

 

 

■つくば市土浦市で

典型的な椎間板

ヘルニアの症状

 

 

つくば市土浦市でみられる典型的な椎間板ヘルニアの症状は、痛みと痺れです。

 

つくば市土浦市では、頚椎椎間板ヘルニアと胸椎椎間板ヘルニアに比べて、腰椎椎間板ヘルニアは最も多くみられます。

 

腰痛や坐骨神経痛の原因となっています。

 

 

 

 

■まとめ

 

 

椎間板ヘルニアは、椎間板に負担がかかり、損傷することで発生します。

 

椎間板の変形や遺伝が原因となっています。

 

つくば市土浦市では、椎間板ヘルニアのなかで、腰椎椎間板ヘルニアが最も多くみられます。

 

突出した髄核が神経を圧迫して、腰痛や坐骨神経痛の原因となります。

 

つくば市土浦市の20代~40代の男性に多くみられ、重労働や長時間の同じ姿勢での発生がみられます。

 

痛みや痺れのある方は、つくば市土浦市の病院で検査することをオススメします。

 

 

 つくば市土浦市で、腰痛ヘルニア坐骨神経痛を劇的に改善したい方は、整体院 護腰 土浦本店・つくば店にご予約ください!

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

 

 

【エリア実績】

 

下記の様々なエリアの方に、施術・指導・レッスンを受けて頂いております。

 

茨城県土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・牛久市・龍ヶ崎市・水戸市・那珂市・ひたちなか市・大洗町・鉾田市・鹿嶋市・行方市・筑西市・桜川市・結城市・下妻市・八千代町・坂東市・古河市・境町・常総市・つくば市・つくばみらい市・守谷市

 

 

 

【土浦本店・つくば店で改善した症例】

 

腰痛・慢性腰痛・ギックリ腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・寝違え・ストレートネック・頭痛・肩こり・四十肩・五十肩

 

 

 

■初回限定■

■特別割引はコチラ↓■

 

http://www.goyoseitai.com/

 

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up